ジオン注射

注射のみでいぼ痔を治す、ジオン注射(ALTA療法)

注射これまで手術でしか治療できなかったいぼ痔を注射だけで治すことができることから、ジオン注射(ALTA療法)は大きな話題を集め、メディアでもたびたび取り上げられています。 切開しないため痛みも抑えられます。日常生活への支障がほとんどない治療法ですから、安心して治療を受けることができます。 当院ではジオン注射(ALTA療法)を積極的に導入しておりますので、お気軽にご相談ください。こちら原則1泊入院となりますが、場合によっては日帰り手術も可能ですが、ご相談ください。

こんな方に当院のジオン注射(ALTA療法)をおすすめしています

  • 肛門科への通院が恥ずかしい
  • だれかに気付かれたらと思うと不安
  • こっそり治したい

当院では肛門科以外の消化器内科・循環器科・呼吸器科・アレルギー科・皮膚科など幅広い診療を行っています。またプライバシーを重視した院内空間となっています。さらに、受付などで病名や詳しい症状などについてお伺いすることはありません。こうしたことから、気兼ねなく通っていただけます。

学校や会社を休まずに治療したい 通院回数が多いと通いきれない

ジオン注射(ALTA療法)は注射のみの治療です。治療後の通院も手術などに比べるとかなり少なくなります。また、土曜日の診療も行っていますので、平日はお忙しい方でも手術、通院が可能です。

治療中や治療後の痛みや、治療した後の肛門機能が心配

切開しないので痛みや出血が少なく、肛門機能にも問題が起こりにくい治療法ですので、安心して受けていただけます。

ジオン注射(ALTA療法)で効果が見込めるいぼ痔の症状

  • 座薬や軟膏を肛門に注入する治療では改善しない
  • 排便時に出血することがよくある
  • 排便時に脱肛し、時間が経つと自然に戻る、あるいは押し込むと戻る

ジオン注射(ALTA療法)での治療が適しているのは、脱肛が伴っているいぼ痔です。

ジオン注射(ALTA療法)について

ジオン注射これまで手術が必要だったいぼ痔を注射のみで治すことができる治療法です。ジオンを痔核に直接注入して硬化させることで、手術と同程度の効果を得られます。平成17年の5月から医療保険が適用され、幅広い方がこの治療を受けています。注射のみで切開をともないため、患者様の時間的・精神的・身体的・経済的な負担を大幅に軽減できます。

ジオンの成分

ジオンは強力な硬化剤で、痔核の脱出や出血症状を改善する有効成分は硫酸アルミニウムカリウムとタンニン酸です。

硫酸アルミニウムカリウム

痔核に炎症と線維化を起こして痔核を退縮させます。これにより脱出や出血が改善します。

タンニン酸

硫酸アルミニウムカリウムが過度な炎症を起こさないよう抑制して、組織に起こる障害を予防します。

注射方法

痔核上側・痔核中央・痔核下側の粘膜下層と、痔核中央の粘膜固有層の4ヶ所に注射を行っていきます。正確な位置や深さに注射する必要があり、熟練した医師による治療が必要です。

当院はジオン注射(ALTA療法)可能な医療機関です

この治療法は、注射する場所の見極めなどを細かく調整しながら行う必要があり、専門の教育を受けた医師がいる病院でのみ治療が受けられます。当院はジオン注射(ALTA療法)の豊富な経験を重ねている医療機関です。安心してご相談ください。

ジオン注射(ALTA療法)後の経過

直後から内痔核は縮小傾向を見せはじめます。注射した針穴から流れた血液が固まるケースがあるため、最初の排便時に出血がある場合がありますが、これは心配ありません。

翌日から脱出が少なくなりますが、内痔核が硬化して退縮していくため、1~2週間程度は排便時のひっかかりなど違和感を覚えることもあります。約1ヶ月ほどして退縮して癒着すると固定が強くなっていきます。

ジオン注射(ALTA療法)が受けられないケース

下記のような方はジオン注射(ALTA療法)を受けられません。

  • 妊娠中・授乳中
  • 透析を受けている
  • 前立腺がんなどで放射線治療の既往がある
  • 潰瘍性大腸炎
  • 小児
  • 嵌頓痔核である
  • 外痔核

ジオン注射(ALTA療法)の流れ

麻酔を含めた治療の所要時間は、約30分です。

Step1

局所麻酔か腰椎麻酔を行います。

Step2

ジオン注射(ALTA療法)を行います。1つの痔核に対して上極部粘膜下層、中央部粘膜下層、中央部粘膜固有層、下極部粘膜下層の4ヵ所に分割して局所注射する四段階注射法を用います。 なお、肛門の皮膚側にも腫れがある場合には、皮膚の部分にも注射する五段階注射法を用います。ジオン注射(ALTA療法)は一定量であれば皮膚部分にも効果が見込めます。

Step3

治療後、すぐに退縮をはじめるため出血も早く止まり、翌日には脱出も軽くなっていきます。

Step4

脱出がみられなくなるのは平均して1週間から1ヶ月程度です。

ジオン注射(ALTA療法)のメリット・デメリット

メリット

脱肛を伴う内痔核を手術による切開なく、注射だけで治療できます。入院の必要がないため、お仕事や家事への支障を最小限に抑えることができます。切開しないため、痛みや出血を抑えられます。比較的早く治るため、身体的負担も軽減されます。保険適用されており、入院費が必要ないので、経済的負担も軽減されます。

デメリット

脱肛のある内痔核すべてを治療できる治療法ではないため、手術でなければ治せないケースもありますし、手術との併用が必要になる場合もあります。 約10%に再発が認められます。ただし再発した場合、再度ジオン注射(ALTA療法)の治療を受けることができます。

ジオン注射(ALTA療法)後の注意

注射のみの治療ですが、ジオン注射(ALTA療法)後は2日間、ご自宅で安静を保っていただく必要があります。 また、十分な水分補給も不可欠です。これは、痔核に注入された硫酸アルミニウムカリウムが腎臓から尿中に排泄されるため、水分摂取と尿量の確保により余分な硫酸アルミニウムカリウムの排出が促されます。水分補給は治療を受ける前からしっかり行うよう、事前にご指導しています。アルミニウム化合物の注入に懸念がある方もいらっしゃいますが、水分補給をしっかり行うことで約24時間以内に排泄されます。

副作用

注射した部分の痛み・腫れが起こる可能性があります。また発熱や肛門部の違和感などが起こることもあります。

ジオン注射(ALTA療法)後の経過

治療後は、出血やジオン注射によって引き起こされた炎症を抑えるため、注入軟膏を予防的に用います。 当院では、多数のジオン注射(ALTA療法)を行ってきておりますが、重篤な副作用が起きたことはまだありません。軽い痛みや違和感が残るケースはありましたが、ほとんどの場合、翌日には症状も軽減されます。

手術費用

いぼ痔の治療として、ジオン注射(ALTA療法)は健康保険が適用されます。ただし、症状などにより費用は異なってきます。ここでご紹介しているのは、3割負担の目安となる金額です。

ジオン注射(ALTA療法) 約20,000円
どうたいクリニック 美容皮膚科求人案内