大腸ポリープ切除

大腸ポリープ切除とは

大腸ポリープ大腸がんは主に大腸ポリープから発生します。そのため、大腸ポリープの段階で切除してしまえば将来の大腸がんを予防することになります。大腸ポリープは内視鏡による大腸カメラ検査で発見でき、その場で切除することが可能です。

大腸ポリープ切除に関するご注意

検査の時間を入れても30分程度で終わる手術ですが、当院では術後の安全性を考慮して原則入院していただいております。また、合併症を避けるためにいくつかの制限を守っていただく必要があります。当日はシャワーのみで入浴は翌日から可能になり、刺激物やアルコールを数日間は控える必要があります。出張や旅行も1週間くらいは避けていただきます。ほとんどの場合、長くても1週間程度の制限ですので、検査日のスケジュールを決める際にはこうした点も考慮いただく必要があります。くわしい内容は下記でご説明しています。 切除後、少量の出血などがありますが大量の出血や容体の変化などがありましたらすぐに当院までご連絡ください。

大腸ポリープとは

大腸ポリープは大腸粘膜にできる隆起性の病変です。腺腫に分類される腫瘍性と非腫瘍性のポリープがあり、腫瘍性のポリープが成長すると腺がんである大腸がんになります。非腫瘍性のポリープもある程度の大きさを超えると腫瘍化する可能性がありますので、大腸ポリープはすべて切除対象になります。

大腸ポリープ切除の手法

大腸ポリープ切除通常の大腸カメラ検査時にポリープを発見したら、その場で内視鏡的な切除が可能です。改めて別日に手術スケジュールを作る必要がありません。なお、大腸カメラ検査の前に、ポリープを発見した場合は切除を行うということをしっかりご説明し、同意をいただいてから切除を行っています。麻酔下内視鏡での検査と切除ですから、痛みなどもありません。 大腸ポリープは状態などに合わせて、以下の手法から適切な切除法を選択しています。

ポリペクトミー(スネアポリペクトミー)

病変の根本にスネアというワイヤーをかけて締め、高周波電流で焼き切る手法です。クリップで止血し、傷口が閉じたら終了です。回収したポリープは生検を行います。以前は大腸ポリープや早期の大腸がん切除の中心的な手法でしたが、焼き切るこの方法は遅延性出血や穿孔の可能性があるため最近はあまり使われなくなっています。

コールドポリペクトミー(コールドスネアポリペクトミー)

ポリペクトミーと同じようにスネアをかけますが、高周波電流を流さずにそのまま締めていって切除します。直後の出血はありますが、自然に止血するためクリップも必要ありません。遅延性の出血や穿孔の可能性が低い優れた手法だとされています。

内視鏡的粘膜切除術(EMR))

スネアがかけられないような平坦なポリープに適した手法です。粘膜下層に液体を注入してポリープを持ち上げ、そこにスネアをかけて高周波電流で切除します。粘膜以外の部分に通電されることがないため穿孔の危険性が低く、安全な切除方法です。切除後はクリップを用いて止血します。

留置スネア

茎を持ったポリープに適した手法です。茎があるポリープの場合、茎に太い血管があるケースが多いため、スネアで茎を締め付けて血流を遮断してから切除します。これで大量出血を防ぐ切除が可能になります。

大腸ポリープ切除後にご注意いただくこと

大腸ポリープ切除を受けた場合、合併症として一番注意が必要なのは出血です。便に血が混じる程度の出血でしたら問題ありませんが、それ以上の出血を起こさないために、下記のことにご注意ください。なお、ほとんどの場合は数日間から1週間程度の制限です。 アルコール摂取や運動、旅行や出張に関しては、一般的に1週間程度控える必要がありますので、検査スケジュールはその点も考慮して決める必要があります。

入浴

当日はシャワー程度にとどめます。翌日からは特に制限がありません。

食事

当日から普通の食事で構いませんが、刺激物・脂っこい料理は控えます。

飲酒

数日から1週間程度、禁酒となります。アルコールは血流を促進するため、出血リスクを上昇させてしまいますのでご注意ください。

運転

散歩程度の軽い運動はいつでもOKです。テニス・ゴルフ・ジョギングなど腹圧のかかる運動は医師の指示が出るまで控えます。

旅行や出張

一般的に1週間程度、旅行や出張を避けます。飛行機は気圧の変化で出血リスクが上がりますし、遠方では万が一のトラブル発生時に迅速で適切な処置ができません。

出血があった場合

少量の血液が便に混じる程度でしたら、自然に止血するため心配がありません。ただし、出血量が多い、あるいは出血に加えて痛みがある場合には、速やかにお電話ください。

どうたいクリニック 美容皮膚科求人案内