パーキンソン病

パーキンソン病について

パーキンソン病について典型的な症状には振戦という手足の震えと動作緩慢があり、他に硬直、姿勢の異常などが現れます。日本では、人口10万人あたり約100人がパーキンソン病を持っているとされており、65歳以上に限ると10万人あたり約200人に増えるとされています。

パーキンソン病の症状

  • 手足の震え(振戦)
  • 硬直
  • 動作緩慢
  • 表情の乏しさ
  • 姿勢の異常
  • 嚥下障害

手足の震えは、静止時に強く出て、運動中には軽減するという特徴があります。
動作緩慢は、歩行時の第1歩が出しにくい、椅子からの立ち上がりに困難が伴うなどがあります。
姿勢の異常はある程度進行してから現れやすく、歩行時の姿勢が前屈みになり、小刻みに歩くようになります。
さらに進行すると嚥下障害やベッドで寝がえりを打てないなどの症状があります。

パーキンソン病の原因

パーキンソン病は、大脳基底核にある線条体という部位でドーパミン不足が原因となって起こることがわかっています。

標準的な治療

ドーパミン不足で起こるため、L-dopaというドーパミンを補う薬物療法が標準治療になっています。ただし、L-dopaの効果は一時的なものであり、活性酸素を増加させて逆にパーキンソン病の進行を早める可能性もあることが指摘されています。

パーキンソン病とグルタチオン

グルタチオンは抗酸化物質であり、さまざまな有害物質から組織を守る働きを持っています。脳にとって重要な物質ですが、パーキンソン病患者の脳内ではこのグルタチオンが減少しているとされています。

グルタチオン療法とは

米国ではパーキンソン病の機能改善と病状進行の遅延を目的とするグルタチオン療法は多くの施設で行われていますが、日本ではほとんど知られていません。本治療は15~30分の静注または点滴です。点滴終了後からで歩行、振戦、バランスなどが明らかに改善する事例もあり、通常は数回の治療で効果を体感します。
この治療の最初の報告は1996年で、パーキンソン病患者9人にグルタチオン600mg i.v.を1日2回、30日間投与したところ、全例で効果が認められ、運動機能の42%が改善しました。また、その効果は3ヶ月持続したと報告されています。
これに注目し、米国で広めたのはPerlmutter Health Center (http://www.perlhealth.com/)の David Perlmutterです。グルタチオン療法は現在、南フロリダ大学でクリニカルトライアルが進行しています。
Perlmutterによればパーキンソン病に対する効果は80-90%で、グルタチオンがフリーラジカル・スカベンジャーとして働き、ドーパミン受容体の感受性を高めるからであろうと考えています。同時にセロトニン受容体の感受性を高めることでパーキンソンの鬱症状の改善もみられます。
現在、グルタチオン点滴療法で最も注目されているのが、

  • パーキンソン病に対する治療
  • 抗がん剤に対する神経障害
  • 閉塞性動脈硬化症
  • デトックス(体内解毒)

その他、米国では線維筋痛症、過敏性腸炎、慢性疲労症候群、各種神経系疾患、そしてエイジング分野でもグルタチオンの点滴処方をするクリニックがあります。 この、パーキンソン病におけるグルタチオン点滴療法は、実際、日本国内で実施している施設はまだまだ少ない治療法ですが、振戦、歩行障害、嚥下障害、表情の乏しさ等の症状に対して、劇的に改善した事例があります。現在、患者様が行っている、パーキンソン病の治療にも影響はありません。副作用もほとんどみられず、パーキンソン病患者様にとって一度は、試みるべき治療法と考えられます。

どうたいクリニック 美容皮膚科求人案内