血液クレンジング療法

血液クレンジング療法

血液クレンジング療法人間の老化やさまざまな病気は細胞が酸化することで生じます。例えば癌は正常な細胞が酸化等によって傷つくことで異変をきたし、異型細胞が急速に増殖していくことによって発生します。

一方で体内では、それに対する多くの抗酸化物質が作られています。

血液クレンジング療法では、ご自分の血液(100cc位)を特殊な瓶の中へ採取し、その中にオゾン発生器より摂ったオゾンを少量注入し、その血液を体の中へ戻します。

時間にして20〜30分で終了し、人体にとって無害で全くと言って危険性はありません。オゾンは強力な酸化力を持つため、血漿内に存在するさまざまな分子(抗酸化物質・たんぱく質・炭水化物・脂質)と即座に反応します。そして、そこで起きる反応がドミノ倒し式に新たな反応を引き起こし全身に好作用を誘発するのです。

これらの好作用を集約すると次の5点にまとめられます。

  1. 抗酸化力の強化
  2. 全身の酸素化
  3. 末梢血流の増加
  4. 免疫機能の向上
  5. 細胞の活性化

血液クレンジング療法の効果は具体的には、赤血球の酸素運搬能力を改善し、白血球の免疫活動を活性化させ血液を「サラサラ」にするのです。

さらに、手足の血流を改善し、免疫機能向上、細胞の活性化等、若返りの因子と、様々な病気(癌・C型肝炎・リウマチ・脳梗塞・心筋梗塞・腎不全等)に対して、一定の改善を得る事が出来るのです。

血液クレンジングの適応症で特に効果があると報告されているものは・・・

  • B型・C型肝炎などのウィルス疾患
  • 各種のがん
  • 心筋梗塞や脳梗塞といった虚血性疾患
  • 網膜色素変性症・黄斑変性症
  • 自己免疫疾患(リウマチ/膠原病など)
  • 気管支喘息・COPD
  • 慢性疲労症候群
  • アトピー性皮膚炎
  • 腎不全
  • 花粉症
  • メタボリック症候群
  • 末梢動脈閉塞症
  • 線維筋痛症

血液クレンジングの適応症で特に効果があると報告されているものは・・・

よくあるご質問

血液クレンジング療法に使うオゾンは、酸化力が強いので身体に悪いのではないでしょうか?

オゾンは確かに酸化力が強いのですが、採取した血液にオゾンを反応させた時点で、血液中のオゾンは消失し酸化生成物と酸素が生じています。

その状態で身体に戻しますので、身体にはオゾンは入らないことになるため心配はありません。この時生じた酸化生成物が身体の細胞を活性化するのです。

血液をクレンジングするだけでは、病気を予防することは難しいのでは?

血液をサラサラにして、循環を改善するだけでなく、身体の全細胞を活性化して、エネルギーの増産、抗酸化酵素の増産、免疫細胞の増産、血液幹細胞の稼働化などの作用があり、低下した自然治癒力が大きく復活します。ですから多くの病気を改善・予防することができると言われています。

自然治癒力を回復させるので、老化予防や若返りの治療としても注目されています。

どのくらいの頻度で治療を受ければ良いでしょうか?

この治療は、治療の回数が増えるごとに、治療効果が持続するようになり、効果も次第に高まってくる特徴があります。

またこの治療を、毎日受けても害はないと言う特徴もあります。ですから最初の2ヶ月は健康な人で月2回~4回、病気のある方で、月4回位くらいがいいでしょう。3ヶ月くらいしたら健康な方は月1回、病気の方は月2回と減らしていきます。

疲れている時でも血液クレンジングを受けても問題ありません。疲労回復にとても効果があるのも特徴です。

血液クレンジングが終わって体感はありますか?体調を崩すことはありませんか?

施術後の施術を受けた方の声として、「手先が温かくなった」「首筋のあたりが汗ばんだ」「眼がクリアになった」「頭がハッキリした」「浮腫みがとれた」「身体が軽くなった」などの体感があった方は約7割に上ります。さらに翌日には疲労感も無くなったという方が多く見られました。

また、体感のない方も、数回の血液クレンジングを続けると体感してきます。当クリニックでは血液クレンジングをして体調を崩されたという報告は今のところありません。

どうたいクリニック 美容皮膚科求人案内