診療科目

内科

幅広い経験と知識を有する医師が、心療内科も含めトータルでその患者様の健康を見守ることを心がけております。

一般内科・消化器・呼吸器・循環器・内視鏡・アレルギー疾患・疼痛緩和
内科系検査

—内視鏡を含むほぼすべての検査を予約なしで当日行うことが出来ます—

  • 胃内視鏡検査
  • 大腸内視鏡検査 →専門医による鎮静剤を用いた(希望者)苦しくない検査です。同時にポリープ切除も可能です。女性医師ご希望の方はお申し出下さい。
  • 超音波検査(医師の検査のほか専門の検査技師の検査日もあります) 心臓、腹部、乳房、頸動脈、甲状腺、前立腺 他
  • レントゲン検査(単純撮影のほか胃造影・大腸造影)
  • CT検査(造影CT検査)
  • 動脈硬化検査(血圧脈波検査装置)
  • 骨密度測定検査(超音波踵骨測定)
  • 肺機能検査
  • 負荷心電図、ホルター心電図(24時間心電図)
  • 睡眠時無呼吸検査(病室を用いて1泊検査で行ないます)
治療
  • 在宅酸素
  • 在宅糖尿病自己注射指導
  • 在宅睡眠時無呼吸持続陽圧呼吸療法 等

外科

ホームドクター自らの執刀による手術ですので安心して手術を受けていただけます。

一般外科

肛門外科

専門医による治療を行っております。

泌尿器科

切らずに治す前立腺肥大症

  • 軽度~中等度の前立腺肥大症に非常に効果がある前立腺高温度治療(UMW)
  • 前立腺肥大検査、前立腺癌の有無を調べる前立腺生検
  • 膀胱ファイバー検査
  • 経静脈性腎盂造影検査による腎結石、尿管結石の診断、治療
  • ED治療
  • 子供の泌尿器の診断、相談 →こども専門医へのご紹介もいたしております

皮膚科

皮膚炎、湿疹、火傷、じんましんなどの治療のほかアテロームやいぼの切除もできます。

  • 巻爪は切らずに治す爪矯正療法を行っております
  • ひょうそうやアテロームの小手術も行います
  • いぼや腫瘤の病理組織検査を行いますので良性・悪性の診断が出来ます

最新治療及び最新の検査のお知らせ

新しい治療及び検査を開始いたしました。(自費診療)

最新治療

最新検査

最新治療

Ⅰ. パーキンソン病に新しい治療法

Ⅱ.血液クレンジング療法

Ⅲ.高濃度ビタミンC点滴治療

Ⅳ.過酸化水素点滴療法

過酸化水素(H2O2)点滴療法とは?

点滴用のH2O2をブドウ糖液に混注し、末梢静脈から点滴投与する治療法です。
過酸化水素を医療に用いられたのは、1920年、イギリスの内科医である T.H.Oliver が、当時は致死率が80%以上あったインフルエンザの患者25人に対して過酸化水素の点滴治療を行い、48%まで致死率を改善したのが始まりと言われています。
アメリカでは、1960年代よりBaylor University Medical Centerにてがん治療に対する大規模な研究が行われ、医師たちは少量の過酸化水素の点滴は副作用が少なく、高圧酸素療法と同等の効果が得られることを発見しました。また、放射線治療と併用する場合、がん細胞の酸素化に有効であり、狭心症などの心筋虚血にも効果があり、さらに動脈硬化のプラークを除去する作用があることを発表しました。
Charles H. Farrは、過酸化水素療法を含めた、近代酸化療法の父呼べる研究者であり、酸化療法を医学的、科学的に研究し多数の文献、書籍を残しています。彼は1993年にはノーベル医学賞にノミネートされています。

過酸化水素(H2O2)点滴療法により治療効果の期待できる疾患
  1. 1呼吸器疾患(COPD, 気管支喘息、肺気腫など)
  2. 2ウィルス感染(単純ヘルペス、帯状疱疹、HIV、インフルエンザ、EBウィルス、サイトメガロウィルス)
  3. 3細菌感染症(急性、慢性)
  4. 4真菌、カンジダ感染症
  5. 5片頭痛、群発頭痛、血管性頭痛、側頭動脈炎
  6. 6脳血管疾患、アルツハイマー病、パーキンソン病)
  7. 7循環器疾患(狭心症、不整脈、末梢動脈疾患)
  8. 82型糖尿病
  9. 9多発性硬化症、慢性関節リウマチ、エリテマトーデス
  10. 10転移性がん、悪性リンパ腫、神経芽腫
  11. 11慢性疲労症候群
過酸化水素(H2O2)点滴治療方法
  • 1回の治療時間は約40-60分くらいです。
  • 慢性疾患の場合には、1週間に1回、肺炎等の急性感染症の場合は、毎日1回、症状が改善するまで、1回から約20回までの範囲で、患者様の症状に応じて、増減の調整を行ったうえ、投与します。※また、必要に応じて血液バイオフォトセラピーや、他の酸化療法と組み合わせをして、より強力な酸化療法を行います。

Ⅴ.ホルモン補充療法(男性・女性ホルモン)

最新の知見によりますと、60歳以上の男性のLOH症候群(やる気がない・疲れる・うつ症状が出るなど)は男性ホルモンの減少が大きな原因とされています。
また女性では骨量の低下=骨粗鬆症が女性ホルモンの減少と共に進行します。
男女を問わず認知症とホルモンとの関連も明らかになりつつあり、ホルモン量の低い人ほど認知症になりやすいという報告も出ています。
当クリニックでは男性又は、男女混合ホルモンの注射を年齢に応じて3~4週おきに注射することによりホルモンの減少を抑える療法を行っております。
副作用は全くといってなく、乳がん・前立腺がんの発がんを促すという心配もありません。

Ⅵ.痛みの最新治療 新型スーパーライザー

パルス照射を採用しているので、従来の2.2Wを上回る最高10Wの高出力です。

従来のスーパーライザーとの違い
  1. 従来のスーパーライザーよりも更に体の奥深いところまで近赤外線が届くようになりました。
  2. 治療時間の短縮が可能になりました

新型スーパーライザーは、星状神経に照射したあとでは脳血流量が増大するため、疼痛が緩和され脳血管障害後遺症のリハビリも円滑に行えるようになります。

最新検査

Ⅰ. 最新型16列マルチスライスCT検査

平成29年7月より日立製最新型16列マルチスライスCT「Supria」を導入致しました。
この最新型CTは従来の被ばく線量を約1/3に抑え、短時間でより鮮明な画像を得ることができるため、癌やその他、多くの疾患において、今まで以上に、精密な診断が出来るようになります。

~新機能~
COPD(慢性閉塞性肺疾患)の診断、進行度を計測

COPDは2015厚生労働省統計にて死亡原因第10位となっており、今後、更に順位が上がると予想されています。2001年の疫学調査によると、日本人の40歳以上のCOPD有病率は8.6%、患者数は530万人と推定されましたが、病院でCOPDと診断されたのは約26万人と大きな開きがあり、多くの人がCOPDになっていることに気付いていない、もしくは診断されておりません。タバコを吸わない方でも、環境要因や持病によって、いつの間にかCOPDになっていたということも珍しくありません。
気になる方は外来でご相談ください。検査はCTを通常通りに撮影するだけになります。

内臓脂肪量測定

男性肥満はぽっこりお腹の内臓脂肪型、女性肥満は皮下脂肪型が特徴です。内臓脂肪量は、癌、糖尿病、高血圧、高脂血症等との相関関係が指摘されており、最近では、内臓脂肪ダイエットが注目されてきております。お腹のふくらみが気になる方は一度受けてみると良いでしょう。

血管や骨の3D-CT

CTを3D構築することで、脳心臓血管系では、動脈瘤、血管奇形、走行異常などを見つけることができます。整形外科領域では、わずかな骨折やヒビなども見逃さずに診断することができます。

Ⅱ. 尿から判る体の酸化度=老化度検査:DNA酸化ストレス度検査

私たち生物は吸い込んだ酸素で食べたものを燃やしてエネルギーを作り出しています。ところが、さまざまな活動に伴ってその酸素が体内でより酸化力の強い活性酸素に変わってしまうことがあります。(呼吸している酸素の2~3%は活性酸素になるといわれています)
活性酸素は毒性が強く、体内でウイルスなどをやっつけてくれる反面、健康な細胞を酸化して錆びつかせ、傷つけます。老化や病気の大きな原因となっているのです。これが酸化=老化と言われている所以なのです。

あなたの酸化ダメージが尿検査で分かります

遺伝子が活性酸素(ヒドオキシラジカル)によって傷を負うと8-OhdGという酸化損傷物質ができます。この酸化損傷物質が尿中に排出される量を測定することで、体内の酸化ダメージの度合いがわかります。この“8-OhdG“の値が少なければ少ないほど酸化のダメージは少なく、多いほど酸化が進んでいることを示します。そのような身体の中の酸化度は、最新鋭の機器『尿中酸化ストレスマーカー短時間測定システム』によって約5分で計測できます。尿検査なので、注射と違って痛みもありません。

活性酸素をへらす〝抗酸化パワー“

もともと人の体には増え過ぎた活性酸素を取り除く仕組みが備わっていますが、この「抗酸化力」も30代以降は低下していきます。そのため活性酸素をたくさん生み出す環境を避けることや、“抗酸化“物質を含む食べものを多く取ることが重要になってきます。

Ⅲ. 尿検査から癌の早期発見を→尿中ジアセチルスペルミン検査

この検査は、体内のがん細胞から大量に放出される「ジアセチルスペルミン」の尿中排出量を測定するものです。

ジアセチルスペルミンとは?

ジアセチルスペルミンは、ポリアミンの一種です。ポリアミンとは、細胞を持つ様々な生物に存在している成分で、納豆などの大豆発酵食品に多く含まれています。細胞分裂時に遺伝子のコピーなどを行う大切な役目を担っており、細胞の生まれ変わりに必要不可欠な成分です。 そのうちジアセチルスペルミンは、がん細胞から産生されて尿中に増えるので、様々な種類のがんの早期発見に参考として有用です。

ジアセチルスペルミンの特長
  • がんにかかっている方での陽性率が高い
  • 大腸がん・乳がんで早期からの検出感度が高い
  • 手術後の転移や再発などの状態が良く反映される
尿スクリーニング検査の利点
  • 尿で検査できるので痛みがない
  • 短時間で検査結果がわかる
どうたいクリニック 美容皮膚科求人案内