LOH症候群

LOH症候群とは

LOH症候群とはLOH症候群は、男性更年期障害(加齢性腺機能低下症)のことで、年齢と共にテストストロンといった男性ホルモンの分泌が徐々に低下して幅広い症状や合併症を起こす疾患です。
男性ホルモンは生殖機能だけでなく、脳に働きかけて意欲を促進させる、筋肉を増強する、骨量を維持するなどの役割も担っています。女性の更年期障害はよく知られており、状態に合わせた治療を受けてその時期のつらさを軽減できるようになっていますが、男性の更年期障害はあまり知られていません。そのため、「歳だから」とさまざまな不調をあきらめている方もかなりいらっしゃいます。
LOH症候群は適切な治療を受けることでさまざまな不調を解消できます。特に原因のない不調でお悩みの方や、サプリメントを飲んでも体調が改善しない方、疲れがなかなかとれない方はお気軽にご相談ください。

LOH症候群の症状や合併症

  • 骨粗鬆症
  • 心血管疾患
  • 筋力低下
  • うつ
  • 認知機能低下
  • イライラ
  • 集中力低下
  • だるさ、疲れやすさ、倦怠感
  • 性機能低下
  • ED(勃起不全)
  • 夜間頻尿
  • メタボリックシンドローム
  • 肥満
  • 糖尿病
  • 高脂血症

男性ホルモンの低下が起こる時期には個人差が大きく、早くから下がってしまうとさまざまな不調につながります。お仕事への意欲などにも大きく影響を及ぼすこともあり、多くの病気リスクを上昇させてしまう傾向もあります。高齢になってからも生き生きと暮らすためには、男性にとってもアンチエイジングが重要になってきます。上記のような症状や病気にお悩みでしたら、男性ホルモン値の測定を受けることをおすすめしています。

LOH症候群のリスク

LOH症候群のリスクLOH症候群である男性更年期障害が起こる年代は幅広く、30歳代後半から70歳近くまでとなっています。実際に30歳代でやる気が出ないなどの症状で受診し、男性ホルモン値の測定を受けてLOH症候群であることがわかり、ホルモン補充療法を受けて症状が改善するケースもあります。また、年齢より老けて見えるといったアンチエイジングで通院している方も、この検査を受けてみることをおすすめします。
EDもLOH症候群の代表的な症状のひとつです。脳梗塞、狭心症の発作を起こした方で、以前からEDのある方の割合はかなり高くなっています。EDには血流の障害が大きくかかわっているため、脳梗塞や狭心症の前兆とも言われています。バイアグラ、レビトラ、シアリスなどなどのED治療薬を服用しても勃起がみられない方は、男性ホルモンが低い可能性があります。そこで当院では、EDの症状がある方に男性ホルモン値の測定を受けることをおすすめしています。
また、高齢者の記憶力低下、筋力低下、骨粗鬆症にも男性ホルモンの低下が大きくかかわっていることもあります。また、夜間頻尿もLOH症候群の症状のひとつですが、泌尿器科で治療を長く受けても改善しなかった方で男性ホルモン値の測定を受けてLOH症候群によるものだとわかる場合もあります。

LOH症候群の診断と検査

男性更年期質問票(AMS:Aging males symptoms )があり、心・体・性機能に関する質問にお答えいただいて症状の評価が可能です。
診察では問診後に、採血して男性ホルモン(フリーテストステロン:「遊離」テストステロン)値測定や前立腺がん検査(PSA値測定)を行います。
超音波検査で前立腺を調べ、前立腺肥大症の有無も確かめます。
テストステロンの中で総テストステロンは60歳までほとんど減少しませんが、遊離テストステロンは20歳代をピークに減少していきます。この値は日内変動があるため採血は午前11時までに行う必要があります。

ただし、男性更年期は医学的にはっきり定義づけされていないため、男性ホルモン(テストステロン)値による明確な線引きで診断できるわけではありません。テストステロン値と症状の重症度は相関しませんが、以前の状態からどの程度減少したかが診断に大きく役立ちます。
初診の場合には以前の状態と比べることができないため、漢方薬などを服用していただき、反応をみながら治療方針を決めていく場合もあります。

ホルモン補充療法(男性・女性ホルモン)

最新の知見によりますと、60歳以上の男性のLOH症候群(やる気がない・疲れる・うつ症状が出るなど)は男性ホルモンの減少が大きな原因とされています。
また女性では骨量の低下=骨粗鬆症が女性ホルモンの減少と共に進行します。
男女を問わず認知症とホルモンとの関連も明らかになりつつあり、ホルモン量の低い人ほど認知症になりやすいという報告も出ています。
当クリニックでは男性または、男女混合ホルモンの注射を年齢に応じて3~4週おきに注射することによりホルモンの減少を抑える療法を行っております。
副作用は全くといってなく、乳がん・前立腺がんの発がんを促すという心配もありません。

どうたいクリニック 美容皮膚科求人案内