切れ痔

切れ痔(裂肛/さけ痔)とは

おしりをおさえる女性切れ痔は、肛門の出口付近の皮膚が切れており、太い便や硬い便、勢いが強い下痢便が通過する際に発症します。知覚神経のある肛門上皮が切れるため、強い痛みが生じます。切れ痔は比較的女性に多くみられ、便秘が深く関係しているとされています。便秘の便は硬く、排泄しにくいため無理に肛門を通過しようとして肛門上皮を傷付けてしまいます。 便秘になると便が硬くなって通過しにくくなって切れ痔を起こし、切れ痔になると排便時に強い痛みがあるため無意識に便意を我慢して便秘を悪化させます。この悪循環で次第に切れ痔の傷が深くなり、肛門が狭窄してますます便を出しにくくなってしまい、最終的には便が通らないほど肛門が狭くなることもあります。そうなった場合には早急な処置が必要になります。

切れ痔(裂肛)の主な症状

切れ痔排便時の強い痛みが大きな特徴ですが、痛みが強くないケースも存在します。出血はトイレットペーパーに付着する程度のことが多く、大出血を起こすことはまれです。 切れ痔が慢性化すると傷が深くなり、肛門が狭まっていきます。傷はやがて肛門上皮だけでなく、内肛門括約筋にまで及ぶこともあります。傷が内肛門括約筋に達すると、排便後の痛みが長く続くようになってしまいます。切れ痔は、慢性化すると悪循環を起こして症状がどんどん悪化してしまいますので、早めに受診することをおすすめします。

急性の切れ痔

排便時に痛みが起こりますが、すぐに治まります 出血する場合があります 便秘などで強くいきんだり、硬い便を出した時に症状が起こります 傷の状態はほとんどの場合、数日で改善します

初期の慢性切れ痔

排便時の痛みが排便後も続くようになります 同じ場所が何度も切れるため、傷が深くなって潰瘍化します 傷が治りにくく、数日経っても改善しなくなります

進行した慢性切れ痔

排便時の痛みが排便後も長く続くようになります 肛門ポリープが傷の内側に、見張りイボが外側に形成されます 傷が治りにくく、肛門が硬くなっていきます さらに悪化すると肛門が狭窄し、最終的には便を出せなくなります

切れ痔の治療

痔の出血慢性化していない急性期の切れ痔の場合は、基本的に塗り薬の治療で早期の回復が望めます。ただし便秘などの便通異常があると慢性化しやすいため、生活習慣の改善も重要です。 慢性化した切れ痔では、肛門周辺皮膚の線維化・瘢痕化が起こり、それによって便が出にくくなって切れ痔を起こすという悪循環を生じます。線維化・瘢痕化すると皮膚は伸びることができなくなるため、手術によって肛門を拡張する治療を受ける必要があります。下記でご紹介している治療はすべて、当院で入院手術として受けられます。

用指肛門拡張術

肛門括約筋が過度に緊張した切れ痔に有効な治療法です。麻酔をした上で医師が指を使って肛門を拡張させて肛門括約筋の過度の緊張を緩めます。切開をしないため負担が少ない治療法です。

側方皮下内括約筋切開術(LSIS)

肛門括約筋による過度の緊張によって切れ痔を繰り返してしまう場合に行われる手術です。肛門括約筋の一部をメスで切開して緊張を解消します。肛門ポリープを併発している場合は同時に切除することも可能です。即効性がある反面、再発リスクがあり、便失禁の合併症が起こる可能性もあります。

側方皮下内括約筋切開術(LSIS)

肛門括約筋による過度の緊張によって切れ痔を繰り返してしまう場合に行われる手術です。肛門括約筋の一部をメスで切開して緊張を解消します。肛門ポリープを併発している場合は同時に切除することも可能です。即効性がある反面、再発リスクがあり、便失禁の合併症が起こる可能性もあります

裂肛切除術、肛門ポリープ・見張りイボ切除

慢性化して深い傷になっている切れ痔に適した手術です。切れ痔の部分を裂肛切除術で切除し、肛門ポリープや見張りイボがある場合にも同時に切除が可能です。過度な肛門確約筋の緊張がある場合には、上記の側方皮下内括約筋切開術(LSIS)手術も同時に行って改善を図ります。

皮膚弁移動術(SSG)

線維化・瘢痕化した部分を裂肛切除術で切除した上で、近くの皮膚を欠損部分に覆う手術で、狭くなっていた肛門を改善させます。

手術費用について

切れ痔の手術は健康保険が適用されますが、症状や状態などによって費用が異なります。 ここでは3割負担の場合の目安の金額をご紹介しています。また、別途入院費用がかかります。

切れ痔の手術 約20,000円~約30,000円
どうたいクリニック 美容皮膚科求人案内